76.運賃を精算した。   補票

  精算 せいさん 仔細計算、補交

  予算 よさん  預算

  清潔 せいけつ  清潔

  清書 せいしょ 謄寫

  感情 かんじょう  感情

  事情 じじょう        情況、緣故

77.田中さんは、よく笑う朗らかな人です。

 朗らか ほがらか   開朗的

 慌しい あわただしい    匆忙的       年末はあわただしいです。

 大人しい おとなしい     老實的  おとなしい子供

 眩しい まぶしい          耀眼的  まぶしい太陽

78.学校を辞めました。というのは、父が亡くなって働かなければならないからです。

 というのは 敘述理由,之所以這樣~~

       来月引っ越します。というのは、転勤になったからです。

   というと、ということは  你是說~~~

       「住所が変わりました。」「というと、引っ越したんですか。」

79.ここに駐車するには、許可が必要です。

 許可 きょか

 許す ゆるす 准許

   可能な かのうな

 不可 ふか

 必要 ひつよう

 必死 ひっし

 必ず かならず 必須

80.新幹線は、乗車券だけでなく、特急券が必要だ。

 定期券 入場券 千円札 改札口 新聞紙 表紙 乗車賃 車資       電車賃 電車費用

81.散歩のついでに、この手紙を出してきてくれませんか。

 ~ついでに 順便

      買い物へ行くついでに郵便局へ寄った。

   ~最中に   正在...的時候

  会議の最中に、携帯電話が鳴った。

82.汗が出てきた。

83.ご注文の品物は、あす確かにお届けいたします。

 確かに  確實

 確か         好像      さっき来た人は、確か田中さんの奥さんだとおもいます。

 一般に      普通

 一瞬         一瞬

84.今朝、牛乳を飲んだとたんとに気持が悪くなって吐いた。

 Vたとたん(に) 剛...就....

  窓を開けたとたんに、蜂が入ってきた。

 Vるたびに Nのたびに       每次....,總會.....

      この曲を聞くたびに、亡くなった母を思い出す。

  クリスマスのたびに....

85.この書類は機械で、処理しますから、折り曲げないでください。

 書類 しょるい    資料

 種類 しゅるい            種類

 分類する ぶんるい     分類

 右折 うせつ            往右拐

 左折 させつ              往右拐

 骨折 こっせつ           骨折

 折る おる                 折

 折れる おれる           折斷

86.この先、道が二つに分かれていますが、とっちの方向に行けばいいですか。

 方向 ほうこう  方向

 土地 とち           土地         土地を耕す(たがやす)

 向き むき           向...   風の向きが変わった

 地方 ちほう        地方    関東地方

87.「泳げますか」

  「泳げることは泳げますが、ぜんぜんはやくないです。」

 ~ことは~が...  確實是....,但...

      パーティーに行ったことは行ったんですが、すぐに帰ってきました。

  その本は高いことは高いけれど、必要なので買わなければいけない。

88.みかんの皮を剥く。

 皮膚 ひふ

 皮肉 ひにく  諷刺

 毛皮 けがわ     

 香水 こうすい

 香り かおり      香味

 羊毛 ようもう

 毛  け

 毛糸 けいと      線

 包装 ほうそう    包裝

 包帯 ほうたい    繃帶

 包む つつむ      包

 小包 こづつみ   郵包

89.「もう食べないの?」

  「だって、おなかがいっぱいなんだもん。」

 だって  表示理由,大多用「だって~もの/もん」的形式

 それで     向對方打聽事情的時候使用   「今日、面接を受けたんだ。』「それで、どうだった?」

 ただし      不過...   年中無休です、ただし1月一日は休業します。

 つまり      總之~

90.その学生は、漢字ばかりか、ひらがなもカタカナも書けません。

 N1ばかりかN2も / N1ばかりではなくN2も  不僅N1,連N2也.....

      田中さんは英語ばかりではなく、中国語やフランス語も話せる。

   N1もちろんN2も  N1就不用說了,連N2也.....

  田中さんピアノはもちろん、ギターやバイオリンもできる。

創作者介紹
創作者 taku 的頭像
taku

閱讀人生

taku 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()