0303.jpg   

むかしむかし、ある小さな村1(に)とてもおしゃれな王様2(が)いました。この王様3(は)毎日、毎日、新しいセーターa[()]ズボンb[()]靴を身につけ、村中の人達c[()]羨しがらせていました。そして、自分が世界d[()]一番おしゃれだ4(と)言いふらすのでした。

 

ある日、二人 e[()×]仕立屋5(が)王様の所f[()]やってきて、「私達は世界で一番腕のいい仕立屋です!」と王様に言いました。そう聞いた王様は、「わしは世界で一番、おしゃれなのだ。ぜひ、このわし6(に)似合う、世界一、きれいな洋服を作ってくれ。お金はいくらg[(でも)]払うから。」7(と)仕立屋8(に)頼みました。仕立屋は「私達の作る服は、誰9(に)でも見えるという物ではありません。本当のおしゃれ10(が)分かる人にh[だけ(しか)]見えないのです。王様、大丈夫でしょうね!」11(と)答えました。でも、本当は、この人たちは洋服12(が)作れないのです。実は、この仕立屋はねずみだったです。そうとは知らない王様は、「このわしi[()]分からないおしゃれj[とか(なんか)]ある、k[(ものか)もんだからし]。今すぐ、洋服を作ってくれ。」13(と)、命令しました。

 

ねずみの仕立屋は、早速、王様14(に)針と糸をもらい、毎日、王様の「洋服作り」l[()]励むことになりました。王様m[(]洋服を身に来ると、「素晴らしいでしょう、だくさんきれいな色n[()]あって!」とねずみ達と言うのでした。でも王様には、何o[()]見えませんでした!自分は本当のおしゃれp[()]分からないのだろうか15(と)不安になりました。けれども、そんなことq[()]この仕立屋16(に)知られてはいけないと思い、「ああ、とってもきれいな服だr[()わね]。」と答えるのでした。

 

そうして、一週間が過ぎました。ねずみの仕立屋は、「王様、やっと洋服17(は)出来ました。どうぞ、今すぐ、お召し18()なってください。」と、とても誇らしげに、王様に言いました。

 

「とってもよくお似合いですよ!」

「色とりどりで、なんと素晴らしい洋服でしょう!」

「本当におしゃれs [()]分かる人にt [だけ(しか)]見えないんです。」

 

王様は王様で、おしゃれ者としての誇りu[()]傷を付けられては大変19(な)ばかりに、「ああ、素晴らしいv[わね()のよ]!本当にきれいだぞ」と何度20(も)答えるのでした。でも、本当は、王様は、裸だったのです。 

 

この日、村21(に)はパレード22(が)あり、王様は、その一番前23(に)歩くこと24(を)しました。「このきれいな服をよく見るがいい。」と言いたそうに、胸を張って歩く王様を見て、村人達は「とてもきれいなお召し物ですね。」と口を揃えて王様に言いました。王様の気分を損ねてはいけないからです。すると、突然、そこ25(の)小さな子供26(が)やって来て、「どうして王様は、裸w[なのなんだ(だよ)]?」と聞きました。それを耳27(に)した大人達は、その子供の耳もとで「もう一度言ってごらん。」と静かに言いました。子供は、今度は、大きな声28(で)、「裸だよ、王様は!」と言いました。そして、みんなが見ると、やはり王様は本当に裸でした。みんな、大声で笑いこけました。王様も、やっと気29(に)つきました。ねずみの嘘を信じて、こんな事になってしまったことx[()]でも、王様は、どうすることy[()]できません。パレード30(が)終わるz[まで(までに)]裸のままで歩き続けなければならなのでした。

創作者介紹
創作者 taku 的頭像
taku

閱讀人生

taku 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()